原価計算について

原価計算について少し説明したいと思います。原価計算とは、会社などの取引を記帳する商業簿記とは違って、工事で物が作られる過程などを記帳するのが原価計算です。なので、勘定科目も全くあたらしいものばかりで例えば、製造、製造間接費、賃金など全く分野が変わってきます。原価計算は計算というだけやっぱり今までの商業簿記よりも計算が多く、電卓を打つ回数が全然違います。数学の知識もかなり必要で原価計算=数学と言っても過言ではないくらいです。
商業施設を勉強すると会社の仕組みがわかってきて、原価計算を勉強すると工場でどのようにして物が作られてきているのかがわかるようになります。例えば勘定科目からでは、製造は直接費になり製造間接費は間接費に属します。このように、直接費とか間接費があることから何か物をつくる段階で直接的に関わっている行程と、間接的に関わっている行程があることがわかります。具体的にいうと直接費は、直接その製品に使われているもの(材料など)を指します。間接費は製品を作る上でどの製品に明確に何に使われたか分からないもの(照明など)を指します。
このように、簿記とは会社だけのものではなくて、工場などでも使われていることがわかります。簿記とは幅広い分野で活躍して私たちの経済を支えていて大きな役目を担っています。私ももう少ししたらこの原価計算の検定試験があります。気を緩めずに頑張っていこうとおもいます。

まあるい旬生酵素 口コミ