また吹奏楽を始めようかな

私は4歳からピアノを習い始めました。それからというもの、ピアノの基礎的なものを習得できている現在までたくさんのステージに立つことができました。学校では合唱コンクールでの伴奏を経験したりしました。賞も受賞することもでき、とても貴重な経験をすることができました。その経験や知識を生かせるかなと思い、中学校では吹奏楽部に入部しました。楽譜は読めたので練習するのは楽器の吹き方ぐらいでした。吹奏楽は陸上などと違い、1人1人の音で大きな1つの音楽をつくることです。皆で団結することの重要な意味を中学校の吹奏楽部という場で学ぶことができました。
高校生になると、何か新しいことにチャレンジしたいなと思い、思い切って簿記部という部活に入部しました。簿記部。それはそれはとてもハードでもあり、とても楽しくもありました。合宿では皆先輩後輩関係無くはしゃぎまわったり、大会やコンクールでは全国大会にまで登りつめるようなちゃんとメリハリのある素晴らしい部活でした。
ある日の部活が終わったあと、自転車を取りに行く途中でした。音楽室から吹奏楽部の音でしょう。とっても下手くそなパート練習の音が聞こえました。元吹奏楽なので、すぐに耳につきました。なんかとても懐かしく思えると同時に中1だった頃のまだ下手くそな時の自分の姿を思い出しました。それからというもの、毎日簿記部から帰る時にいっつも吹奏楽部の音が聞こえてきました。そうしているうちに、やっぱり私は吹奏楽したいな!自分には吹奏楽が向いている!と思いはじめ、とうとう簿記部を退部しました。一度きりしかない高校生活をほんとにこの簿記部で過ごして良かったのかと、自分なりに答えを出した結果が吹奏楽という道に向きました。4歳から音楽をしていただけ、音楽に対する気持ちは大きなものでした。
今は、市民楽団に入るためにバイトをしています。市民楽団は基本楽器は自前なのです。夢に向かって今頑張っています。再び吹奏楽への道に戻るためにこれから辛いことも乗り越えていこうとおもいます。